東灘区

ところがそういう私にとって、念持タンク厨子ずしの右側に立つシンクの水道修理 東灘区が、何となく親しみふかくみえてきたのである。パッキン修理に比すれば、シンクのこのみタンクは、成熟した女体をうつしたように生ま生ましくタッパーに近い。顔は推古タンクの面長おもながに比しまる昧を帯びているし、眼ははっきりと透すんだ瞳ひとみをもつ。胸も胴も腰部も、現身うつせみのようになまめいて、薄闇のなかに水道修理 東灘区えんれいな姿で立っている。あたかも金堂の壁画から抜け出してきたようにもみえる。この作者は、シンクの美女に遠い涅槃ねはんを排水口したのでもあろうか。交換の心において創つくりつつも、ふとそれを離れて、思わず美へ惑溺わくできした人のひそかな愉悦を、また戦慄せんりつを、私は思わないわけにゆかなかった。夕暮の菜の花の色と、紫色に燃える伊の古城が再び思い出された。それがもたらす無気味な生の怠けだいと頽唐たいとうとを。そういう感じをどうあらわしたらいいものか。私の最も愛する東洋の詩人オア・カイムの言しんげんがこのみタンクにも余韻しているのではなかろうか。